日常生活を送っていく上で、歯を失ってしまう機会は誰にでもあります。
虫歯や歯周病で抜歯をしなければならないこともありますし、事故や怪我などもその原因となり得ます。
歯が抜けたままにして放置しておくのは多くのリスクを伴う危険な行為です。
周りの歯を支えられなくなってしまったり、他の歯に悪影響を及ぼすことも少なくありません。
なくしてしまった歯は、きちんと治療をして取り戻すことが長く口の中を健康に保つためのコツです。

歯を失ってしまった時、大きく挙げられる選択肢が入れ歯とインプラントです。
それぞれに特徴があり、どちらを選ぶかは個人の選択に委ねられます。
インプラントと入れ歯どちらの特徴も知ることで、いざとなったときに困るリスクを減らすことができます。

まず入れ歯は、なくしてしまった部分の形をとり、仮の歯を作って装着するという方法をとるのが通常です。
全体を総入れ歯にすることもできますし、部分入れ歯という選択肢もあります。
一方のインプラントは、少し大掛かりな治療になるのが特徴です。

歯茎の奥にある骨に、専門の器具を埋め込んだ上でその器具の上に、仮の歯を作るという方法です。
治療の性質上手術という手法を取らざるを得ず、治療への負担は大きくなります。
インプラントは一昔前まではあまりなじみのない治療法だったと言えますが、近年では技術の進歩や治療を行う歯医者が増えたこともあり、一般的に根付いてきました。
お年寄りが入れ歯をしているのは昔からよく見る光景ではありますが、インプラントが一般化してきた昨今では、年齢を重ねてからもこの治療法を選択する人が増えています。

それぞれに大きな特徴を持つ2つの治療法ですが、どちらを選ぶかを考えるとき、インプラントと入れ歯のメリットやデメリットを正しく理解することが大切です。
まず第一に多くの人が気にすることとして、費用面が挙げられます。

治療に要する費用は、歯を入れる上で最も重要な要素の1つです。
どのぐらいの費用が総額でかかってくるかは、口の中の状態やどのような歯を入れるかによって大きく違ってくるため一概には言えません。
しかし、一般的に高額な費用がかかるのはインプラントの方です。
保険適用の有無等の問題もありますし、インプラントは1本数十万円かかることも珍しくありません。

入れ歯であれば、一般的にはそれよりもかなり安く済ませることが可能です。
費用面を考えて入れ歯を選択する人は多いです。
しかし、そこだけを見るのではなく、いろいろな側面から判断をすると後々後悔をすることは少なくなります。

インプラントと入れ歯のデメリット

歯を入れてできるだけ元の状態を取り戻すという目的は一緒ですが、入れ歯とインプラントではアプローチの仕方が大きく異なります。
費用面以外でもそれぞれのメリットとデメリットを見極め、どちらを選択するかを決めるべきです。

入れ歯のメリットは、やはり手軽であることが挙げられます。
形をとってはめる治療になるので、痛みを伴うことも少ないですし、治療をしてくれる歯医者も多いので通うのも楽です。
一方のインプラントは治療までの時間もかかりがちですし、費用も保険適用がなく高いところがほとんどです。
家の近所にインプラント治療ができる歯医者がないという事態も考えられます。
これらはインプラント治療のデメリットと言えます。
手術と聞くと、それだけで一気にハードルが上がると感じる人も多いです。

入れ歯のデメリットと言えば、治療が完了した後の手入れが多く必要ということです。
総入れ歯も部分的なものも、外して清潔にする手間がかかるのが難点です。
この行為は人前でやるのが恥ずかしいと感じる人が多く、家で行う必要があります。
また、歯茎が痩せてきてしまうことも多く、歯医者に通って手入れをしなければならないのも億劫になりがちです。
その点インプラントは一度治療を終えてしまえば、その後長く寿命を保つことができるのがメリットです。
もちろんアフターケアは必要ですが、入れ歯と比べると負担は少なく済みます。

インプラントは寿命が数十年持つことがほとんどで、一生をそのまま過ごす人も少なくありません。
インプラントのメリットとして大きいのが、元の歯と比較して違和感が少ないことです。
短い期間で慣れてしまえば、以前と変わらない食事を楽しむことができます。
きちんとした噛み応えがあるので、ストレスになりません。

審美性を考えたらどちらを選ぶべきか?

審美性の面でのメリットがあるのはインプラントです。
治療の性質上自然な違和感のない仕上がりになりやすく、ぱっと見た程度ではインプラント治療をしたかどうかはわかりません。
入れ歯の場合は審美性が少し変化することが多く、見た目の印象が変わりがちです。
特に外したときに少し老けたような印象になるため、その点をデメリットとして気にする人は多いです。

手術をする上でのリスクもインプラントのデメリットと言えます。
インプラントと骨が結合するまでの間に細菌感染することもあります。
治療後も注意が必要で、正しくケアを行わないと細菌感染からインプラント周囲粘膜炎や、インプラント周囲炎を発症することもあり、注意が必要です。

それぞれのメリットがもう一方のデメリットとして捉えられることも多く、一長一短があることがわかります。
よく吟味した上で治療法を選ぶと良いです。

新着記事一覧