オールオン4という画期的なインプラント方法

オールオン4は、デンタルインプラントの一種です。
デンタルインプラントの仕組みとしては、失われた歯根の代わりにチタンなど金属で出来た人工歯根(インプラント)を顎の骨に埋め込んで骨が癒着することで固定し、そこに人工歯冠を固定するというものです。

失われた歯を補う治療法としては入れ歯やブリッジと呼ばれる方法が使われてきました。
いずれも口の形、歯の形に合わせて固定する方法であり、違和感があるほかにも食べ物が食べづらい、硬い物が噛み砕けない、発音が抜けるといったデメリットがあり、また食後も入れ歯を外して清掃しなければならず、不自由なものでした。
ただインプラントと比べて外科的な処置は行われないので費用面では安くなります。
健康保険を適用できる治療法であり、欠損した歯を埋め合わすことができる方法として今でも主流です。

一方でインプラントは、人工歯根を埋め込むので自身の歯と変わらない使い心地です。
食べ物や硬い物を食べることができて、さらにしっかりと固定されているので発音に与える影響も最小限で済みます。
取り付けた当初は違和感がありますが、慣れれば自身の歯と変わらない感覚で使用することができます。
しかし従来のインプラントでは、人工歯根1本につき人工歯冠が1本付くといったものでした。
多数の歯を補うには費用面はもちろん、顎に与える負担が大きくなります。
さらにいずれは歯が失われていくので、将来的な審美性から見てもリスクがあります。
ただ人工歯根を埋め込み固定するといった発想はさまざまな食物を食べる際には必要なことで、そこで生まれたのがオールオン4と呼ばれるインプラントです。

これはいわゆる総入れ歯をインプラントによって固定する方法で、4本の人工歯根を埋め込みそれに総入れ歯を固定するというものです。
これにより通常の総入れ歯と異なり、ずれたり物が挟まることを防ぐことができ、自身の歯と変わらない使い心地を手に入れることができます。
またしっかりと固定されているので審美性にも優れます。
オールオン4のメリットとしては、機能性の良さの他にも埋め込む人工歯根の数が少ないこともポイントです。
従来のインプラントでは多数の歯を補うために、その本数に応じた人工歯根を顎骨に埋め込まなければならず、顎にかかる負担も大きくなります。
これに対しオールオン4では4本の人工歯根で済み、また総入れ歯を固定するので負担が少なくてすみます。