日本では歯磨き粉では歯を白くできない?

海外ではドラッグストアなどで販売されているホワイトニング可能な歯みがき粉などの製品があり、毎日自宅でブラッシングすることでホワイトニングが可能になります。
日本では歯医者でホワイトニングの施術を受けることで歯を白くすることができるのは知られていますが、手軽に自宅でホワイトニングできることをご存知でしょうか。
日本でも市販の歯みがき粉が販売されているので、自宅で歯のホワイトニングが手軽に行えます。
選び方は、最初にホワイトニングに有効な成分を確認し、自分に合ったタイプの物を使います。
歯の表面に付着した着色汚れのステインなどをとる場合、歯の汚れや着色を取り除く成分が配合されている必要があります。
また着色汚れを予防する成分が配合されている物を選ぶと良いでしょう。

歯に着色した汚れなどを効果的に取り除く場合、研磨剤が配合されている歯みがき粉などを選ぶこともありますが、研磨剤は少ないほうが良いです。
研磨剤が多く配合されているタイプは歯の表面を傷つける可能性があり、逆に着色汚れが悪化する可能性もあります。
また磨きすぎることで歯のエナメル質が削れ歯茎にダメージを与えて知覚過敏の原因にもなるので注意が必要です。
研磨剤が配合されていなくても、研磨剤の粒子をミクロレベルに細かくすることで歯などに刺激なく効果的に着色汚れを落とすことができます。

さらに効果的なのは発泡剤が少ないタイプで、時間かけてブラッシングを正しくすることで歯みがき粉の薬効成分などを行き渡らせることができます。
日本で市販されているホワイトニング製品には歯を漂白して白くする効果的な成分が配合されてないのですが、イオンの力で汚れを浮かせて汚れの原因となるたんぱく質を分解するような成分が配合され、研磨作用が弱くても汚れを落とすようなものもあります。
漂白ではなくてもタバコのヤニやコーヒーなど色の濃い食品などでついた歯の表面に着色したものは除去することができ、歯医者でホワイトニングした後のメンテとしてホワイトニングの効果を長持ちさせることが期待できます。

自宅でホワイトニング可能な歯みがき粉は通販サイトなどで購入することもできます。
通販サイトでは海外製の製品も購入できますが、口コミが良くても実際には研磨剤などが多く配合されている場合もあり、汚れは落ちても歯に良い影響がないものもあるので、配合されている成分などを確認して使うことをおすすめします。